絵話塾 課題「うたかたの日々/ボリス・ヴィアン」を読んで。
-----------------------------------------------------------

「私に会えてうれしい?」
「うん、もちろんさ!……」
 二人は、最初の歩道沿いに、脇目もふらず歩き始めた。
 小さなバラ色の雲が一つ、空から降りてきて、彼らに近づいた。

           ※『「うたかたの日々」作:伊東守男訳/早川書房』より抜粋。
-----------------------------------------------------------